趣味のひととき|ボンボンショコラを味わう

男性

ワインの保存方法

ワイン

ワインとは飲みやすいお酒として知られています。しかし、同時に味が変化しやすいことでも知られており、保存方法を間違っただけで一気に味が変わってしまいます。例えば、においのきつい場所でワインを置いていた場合、そのにおいが移ってしまい、味が激しく変わってしまうことでも知られています。そのため、ワインの保存方法は注意しなければなりません。
ワインは、栓を開けた瞬間味の劣化が始まるといわれています。栓を開けることで酸素が中に入り、その影響で酸化してしまうからです。また、日光に当てたり、暖かい場所におくのも味の劣化の原因といわれているため、日陰で涼しい場所に保管しておくのが基本とされています。しかし、これは長期保存する場合であり、すぐに一本開けてしまうようならば特にそこまで心配することはありません。そのため、一日二日程度なら冷蔵庫で冷やして保管するだけでも十分です。しかし、長期期間保存するのであればその限りではありません。
今すぐ飲むのではなく、長時間熟成させておく場合は、ワイン蔵があるのが好ましいですが、基本的に一般家屋にはそんな設備はありません。そのため、ワインセラーを購入し、そこで保管することになります。ワインセラーは、普通に販売されている他、ネット通販でも購入が可能なため、ワインと一緒に通販で購入し、保管するという手段もあります。なお、通販では、通常のスーパーや酒場では売られていない高級ワインも購入できることがあり、通販によって気軽に高級酒は手に入れることができます。